ルーティン

こんにちは。
7CC浦和テニススクールの堀尾です。

4月になり、ようやく春の暖かさを感じれる日が多くなりましたね。
(今年の3月は例年より寒かった…)
試合のシーズンも開幕です!

さて、試合に臨む時って、結構緊張しますよね??
緊張しすぎて、何も出来いで負けた…など、苦い思い出はありませんか??

なるべく普段と同じパフォーマンスをしたい。
そんな時に有効なのは、「ルーティン」です。

ルーティンは、毎回決められた一連の動作という意味で、
それをすることで精神的に落ち着かせる働きがあります。

皆さんは、試合前、中に必ず行う動作(ルーティン)などはありますか?

イチロー選手のルーティンの数々は有名ですよね。
打席に入った時、ネクストサークルでのストレッチ、打席に入る前のゴルフスイングなど、
実に17個もあるということも言われています。

テニスプレイヤーにとってはトスを上げる前の動作などがポピュラーなものですね。

ラケットでボールをついたり、手でついたり、または、髪の毛などを触ったり。
人それぞれで、面白い部分でもあります。

昔のジョコビッチは大事なポイントになればなるほど、 ボールをつく回数が多かったですね。

ちなみに、私は2回ボールをついたらすぐトスを上げる動作に入ります。
3回以上やっていたら、緊張していると思ってください。(笑)

自分なりのルーティンを見つけて、 良いパフォーマンスで楽しく試合に臨みましょう!!

それでは、また!

セブンカルチャークラブ浦和テニススクール http://www.rec-tennis.com/urawa
Staff Blog http://blog.livedoor.jp/caurawa/

関連記事

ページ上部へ戻る