グリップサイズのお話

いつもレックブログをご覧いただきありがとうございます。
セブンカルチャークラブ伊勢原校の神野でございます。

11月になりました。
スポーツの秋、食欲の秋!です。
食べ過ぎたなー!と感じた方は是非テニスコートに集合しましょう!

さて、レックテニススクール各校ではラケットキャンペーンが展開中です。
期間中は各メーカーの最新モデルをレッスン中に試打できるようになっています。

お気に入りのラケットを見つけて購入しよう!
と思った時に「グリップサイズ」のお話が出てきます。
グリップの太さのことですね。

基本的には1(4と1/8インチ)、2(4と1/4インチ)、3(4と3/8インチ)までのサイズで
それぞれの太さを自由に選べることが多いです。

「どの太さが良いのだろう?」と思われるでしょう。
基本的には手の大きさと厚さで決まってきます。
握った時に指が余ったり、足りなすぎたりしないように図ってみてください。

では太いと細いにそれぞれメリットがあるのか?
太いとグリップが固定され面が安定しやすいというメリットがあります。
ハードヒッターに太い方が多いのは、ボールに負けないようにしているからでしょう。
細いとリストワークが使いやすくなります。
サーブでの回内運動やスマッシュもしやすいです。
昔のサーブアンドボレーヤーはわざとグリップを細くしていたプレーヤーもいたとか。

いずれにせよ、手の大きさ厚さとプレースタイルを考慮して選んでいただくのが一番です。
詳しくはコーチに相談してみてくださいね!

あとはオーバーグリップテープを巻くと少し太くなることもお忘れなく。
巻いた方がフィーリングは良くなりますので、巻くことを前提に選ぶとよいでしょう。

是非、良い道具選びをして今年のテニスの締めくくりをしてください!

それではまた!!

セブンカルチャークラブ伊勢原テニススクール http://www.rec-tennis.com/isehara

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る