スコア表のお話

レックブログをご覧の皆様、新年あけましておめでとうございます。
セブンカルチャークラブ伊勢原校の神野でございます。
今年も何卒よろしくお願い申し上げます。

2017年!始まりましたね!
昨年よりも良い年にしたい!とはだれもが思うことでしょう。
それがテニスでも同じだと思います。
私たちも皆様の向上のお手伝いができるように努力していきます。

昨年は結婚と娘の誕生という、プライベートでのビッグイベントがあり、
忘れられない1年となりました。
今の技術はすごいもので、携帯ひとつあれば忘れたくない思い出を記録できます。
動画や画像は良い記録ですよね。 私の携帯は娘の動画で容量がパンク寸前です(笑)

さて、テニスについてです。 「上達したい!」とはだれもが思いますよね。
でも具体的に何をしたら上手くなるのかわからない!という方はたくさんいます。
そんな方におすすめは「記録」をすることです。

動画を撮ることも良い方法ですが、私のお勧めは試合のスコア表を付けることです。
実際に学生時代は良く友人につけてもらっていました。

ファーストサーブは入ったのか? フォアハンドストローク、
バックハンドストローク、どちらがミスが多いのか?
アウトミスの傾向か?ネットミスの傾向か?
ラリーは何回くらいつながっているのか?
ポイントを取れているときはどんなプレーなのか?

プロの試合のテレビ放送では「スタッツ」でプレーの詳細が出てきますね。
あれはやりすぎですが、記録を取ると傾向が見えてきます。

簡単でよいと思います。
たとえば「3 Bst AP BO 」などと記号で書いてもらっておけば、、、
ああー!あの時ラリー3回目でバックハンドストロークの
アプローチショットを バックアウトしたなあ!
と場面を思い出すことができます。
どのような場面でどのような失敗をしているのかがわかるだけで大分目標が具体的になります。

問題点は…試合を見てくれる仲間が一人必要ですね(笑)
ベイビーステップのエーちゃんならば自分一人でやりそうですけど(笑)
チャレンジできたらやってみてください!

それではまた!

セブンカルチャークラブ伊勢原テニススクール http://www.rec-tennis.com/isehara

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る