リラックスのお話

いつもレックブログをご覧頂きありがとうございます。
セブンカルチャークラブ伊勢原校の神野でございます。

全豪オープンからデ杯、そして我らがチームREC出場の日本リーグ等、
最近はテニスの応援に熱が入りますね!
長いラリーの応酬を見ているとついつい手をぎゅっと握りしめて観戦してしまいます。
ぎゅっと力強く!

人間、ここぞと言う時には力んでしまいますよね。
テニスも同じです。
大事なポイントほど力みやすいです。
ミスした後に「あー!力んだ!」と叫んだ事がどれほどあった事でしょう笑

おそらく想像がつくと思いますが、必要以上に力みすぎると運動連鎖がうまく伝わらなくなります。
スイングスピードは力を入れているのに逆に落ち、バランスも悪くなるのでミスも頻発しやすいです。

「力みたくないんだけど、どうしても力んじゃうんだよねー」 そういう方は、
フォームの一部分を意識し過ぎかもしれません。
手首の形!腰を落とす!などを意識する事は大切でもあるのですが、
あまりやり過ぎると一部分だけ力み過ぎてしまい、
バランスを失ってしまいます。
どうしても力んでしまう時は、フォームの事は1度忘れて
気持ちよく打つ事だけを考えてみる事も良いと思います!

リラックスする方法はそれこそ世の中にたくさんありますよね。
神野が今までうまく出来た方法は、、、

・空を見ながら深呼吸 下を向いてしまうとネガティヴな事を考えやすく固くなってしまいます。
次は良いショットが打てる!と思いながら上を向きます!

・ブツブツしゃべる 少し気持ち悪いですね笑 でも意外に手足の力が抜けていきます。
怪しい人に思われないように!

・あえて力む わざと意識して力んで構えてみます。
力んでいる自分を認識しますので、脱力しようと勝手になります。
力んでいる事に気づかない事もあるのでその意味では有効です。

あくまで神野の経験ですので… 参考になればリラックス方法試してください!

それではまた!

セブンカルチャークラブ伊勢原テニススクール http://www.rec-tennis.com/isehara

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る