全国レディース東京大会決勝

アクセスありがとうございます。
皆さんこんにちは!
セブンカルチャークラブ橋本校の前田裕樹です。
最近頭の中を流れている曲は、PUFFY「アジアの純真」です(^ ^)

先週はTORAYパンパシフィックテニス…
準優勝大坂なおみ選手の活躍とその興奮の余韻がまだ残っているように思います。
来週からはいよいよ楽天ジャパンオープンが始まります!
橋本校スタッフも観戦に行ってきます(^_^)

こちらに画像をお願い致します。
image1

さて、2日前の月曜日、私は「ソニー生命カップ全国レディーステニス大会」の東京都大会決勝戦を観戦してきました。
この大会は都道府県毎に女子ダブルスの個人戦トーナメントを行い、
上位3組がチームを組んで決勝大会に進み団体戦を戦い全国ナンバーワンを決める大会です!
年齢は25歳以上の方から、そして過去に全日本選手権や予選、
全国学生や国体などの全国大会に出場経験のある選手は出場出来ない決まりがありますので、
アマチュア女子テニスの最高峰と言って良いと思います。

今年の東京大会決勝は昨年一昨年よりまたレベルが高くなっていると感じました。
感じたのはボールのスピードの速さです。 サーブのスピードも速く、
レシーブが返ってからはストローカー同士の打ち合いが始まります。
雁行陣ボレーヤーが先にポーチ、ストローカーが先にストレートを抜くという展開を中心に、ロブの展開が混ざってきます。
雁行陣前衛が、ペアの打ったボールに対してより速く動き出していたのが印象的です。
前衛のポジショニングが大事だと改めて感じた一戦でした!

そして、神奈川県大会が本日準決勝と決勝の予定です。

各都道府県の代表が集う全国決勝大会は、 11月10日(木)~11月12日(土)に、
東京都昭島市の昭和の森テニスセンターで行われます。
ご注目下さい!

それでは、コートでお待ちしております。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る