就寝中のクーラーの使用について

レックブログをご覧の皆様、こんにちは。
高島平校の宮田です。
約2ヵ月ぶりの登場となります。

1週間前ごろから夜にクーラーを使用しないと寝れない日々が始まりました。
皆さん、エアコンをつけたまま寝て、翌日の朝に体がだるくなった事はありませんか?
私自身、今年はあまりないですが、以前は同じような事がたくさんありました。
ネットなどで調べていくと、体の冷え過ぎが原因のようです。

クーラーをつけておくと快適に眠れますが、次の日に体がだるいので、
クーラーがオフになるようにタイマーをセットしておくと、
暑さにより汗だくで中途半端な時間に起きてしまいます。
皆さんはどのように対策していますか?

朝に冷え過ぎず、暑すぎずが大事なので、 以下のような対策をしたいと思います。
・クーラーの温度をやや高めにセットする。(26℃~28℃)
・送風の強さを下げる。
・夜中の3時~4時頃にオフになるようにタイマーをかける。

クーラーの設定温度を少し高めにして、一日中つけておくことも良いかもしれません。
他に良い方法などありましたら、是非教えてください。

それでは2か月後にお会いしましょう!!!

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る