強風時はメンタルl強化にうってつけ!

レックブログをご覧の皆様、こんにちは!
武蔵境校の金澤です。

この時期は風が強い日が多いですね。
テニスをする時に風が吹いていると本当に嫌ですが、試合は強風でも中止になりません。
良い練習になると自分に言い聞かせて頑張りましょう。

強風時に私が注意している事は、
・風向きを計算する(風上、風下でかなり変わります)
・準備を早くする(風に気を取られていると準備が遅くなります)
・重心を少し落とす(落としすぎてはいけません)
・脚を動かす(いつも以上に)
と言っても、風が吹かなくても一緒ですね。

ちなみに、先日出場したシングルスの大会は風が吹き荒れていました。
試合中、一番苦労したのは、サーブです。
風上から打つサーブは、ことごとくオーバー。
後半はアンダーサーブをしましたが、それでもコントロール出来ずに
ダブルフォルトになったポイントもあります。
風下からは何とか入りますが、風に押し戻されて浅くなり強打されてしまいました。

しかし、ここで焦ってはいけません。
忘れてはいけないのは、相手も同じだという事です。
気持ちが折れたらやられます。
1ポイントずつ風向きやフットワークを確認し、集中力を途切れさせないようにプレー。
なんとか全勝して優勝できました。
体力と言うよりも精神力を使いましたね。
良い経験が積めたと思います。

皆様も、強風時はポジティブな気持ちを忘れずにテニスに臨んでみて下さいね。
それでは。

関連記事

ページ上部へ戻る