銅メダル!休む間もなくシンシナティ!!圭の眼差しはもっと上!!!わくわくなこぼれ話

皆さん、こんにちは。
セブンカルチャークラブ溝の口校の田中慎一です。

連日このスタッフブログでも話題ですが、、、
改めて、、、 錦織圭選手、テニス96年ぶりのメダル獲得おめでとう!

「次はもうちょっといいやつを・・・」 彼らしい表現ですよね。
TOKYOでは、近代オリンピック最初のメダルからちょうど100年という節目!
金メダル獲ってもらいましょう!

今回の出場については、、、
・ポイントがつかない
・治安等の不安 から、辞退する選手が多く
・US OPENを最大の目標
・ウィンブルドンで痛めた怪我の状態 から、
出場をやめるべきとの声も多かったですね。

しかしそれでも出場を決めた錦織圭

日本を背負って戦うことの重さ。
日本に少しでもいいニュースを届けたい思い。
自分自身に打ち勝って成長したい。
・・・ 厳しいスケジュールの中出場するのおは怪我をするリスクが増えるだけ、、、
・・・ しかし!!終わってみたらそんなことより得たものの方が大きかった。
・・・ 我ながら諦めない気持ちっていうのは本当に自分の長所だと思う。
緊張して体が震えるのも今しか味わえないから楽しんどこうって思ってた。

ですって!!

トロントマスターズ~リオオリンピック~シンシナティマスターズという
超過密ハードスケジュール トップ10選手で全て参戦しているのは錦織圭のみ!
しかも!トロント:準優勝、リオ:銅メダルと好成績を残しているのですから凄いの一言。

リオの表彰式が終わって、すぐさまプライベートジェットでシンシナティに飛んで、、、
(自宅にメダルだけ置きに寄ったみたいです)
今現在、世界で一番クレージーでタフな男です。
メダリストとして、報道に追いかけられないことだけが救いでしょうかね。

そして、そのシンシナティの初戦、ユーズニー相手に
体はとっても重そうなのにストレートできっちり勝利!
新兵器のシングルバックハンドパッシングショットまで披露して!?

USOPENへと続くこの北米シリーズは、昨年ポイントを落としているので
勝ち上がった分だけプラスになるボーナスステージ。
成績次第ではランキングは3位!になるかも!!
マリー・ジョコビッチの2強はまだ先、、、

痛めている、疲れている、その状態で、いかに体をセーブして勝利するか。
早いラウンド・下位選手との対戦をいかに楽にクリアし、
来たるべき戦いの前に力をどれだけ残せるか。
立ちはだかる2強の壁を超える為の新しいチャレンジなのだと思います。
そしてそれを確実に実行し、結果を出している圭は、間違いなく一つ階段を登っていると思います。

彼の眼差しの先には、マスターズ優勝、グランドスラム制覇!
そしてマリー・ジョコビッチを越えてNo.1がはっきりと見えているのだと思います。

まだまだ彼には塗り替える記録・歴史がたくさんあります。
同じ時代にそれを見られることはテニスファンとしてこの上ない幸せですね。
そして、彼に引き上げられるように日本人選手の活躍が続いています! まだまだしばらくはワクワクが続きそうです♪

Go!Kei! Go!JAPAN!! それではまた。

関連記事

ページ上部へ戻る