テニスでのミス原因のお話

いつもレックブログをご覧いただきありがとうございます。
セブンカルチャークラブ伊勢原校の神野でございます。

改めまして、新年あけましておめでとうございます。
今年もレックテニススクールでテニスライフを楽しんでくださいね!
オリンピックもありますので、テニスやスポーツが盛り上がる1年になりそうです。

さて、毎年この時期はテニスの1年間目標を立てましょう!なんて言っています。
去年は確か「目標設定の仕方」をブログで書いた気がします。
今年もさらにステップアップできる目標を作りましょうね!

「ミスを少なくする」事は永遠の課題だと思います。
ミスには様々な種類があり、どうすれば治るのかそれぞれですよね。
原因を特定できないとどうしていいかわからなくなることもあると思います。

「だからコーチに見てもらう!」それが1番近道です!
コーチたちはミスの原因を特定して矯正する訓練を受けていますので、
もし悩んでいるミスがあれば、皆様の方からぜひ質問してみてください。
きっと親身にアドバイスしてくれると思います。

「でも、試合中は誰もアドバイスしてくれないよね」 そうですよね。
それがテニスの辛いところでもあります。
そんなときに1つだけ有効な考え方をお伝えします。

「ミスの原因」は時間を巻き戻して考えるとわかる場合が多いです。
1つの例を出します。
あるプレーヤーが試合中アウトが多く、振り遅れている気がすると感じているとしましょう。
では、振り遅れているのは何故なのか? テイクバック(引く動作)が遅れている可能性があります。
このように時間を巻き戻して考えると原因に気付けることが多いのです。

それでは何故テイクバックが遅れてしまうのか?
相手ボールに対して動作を始めるのが間に合っていないから。
何故間に合わないのか?
そもそもポジションが中途半端に前にいるから。
このプレーヤーは、速いボールを打つ相手なのにベースラインの中に立ってプレイしていたわけですね。

結果として、「振り遅れている原因」は速いボールを打つ相手に対して
「ポジションが前過ぎる」からが真の原因だったりもします。
ポジションを下げて、ベースラインの後ろで構えるようにしたらミスが少なくなりました!

上記は1つの例ですので、決してすべてのプレーヤーが当てはまりません。
ですが、考え方として持っておくと試合中どうしようもなくなった時に良いかもしれません。
「時間を巻き戻して考える」是非、活用してみてほしいと思います。

ただやはり自分のプレーは主観的に見てしまうものです。
客観的に見るコーチのアドバイスはやはり一番有効だと思います。
だからジョコビッチもフェデラーもコーチがいるのでしょう。
自分で解決できなくなったときは是非、コーチに相談してくださいね!
今年も皆様のテニスが向上するように私たちも頑張っていきます!
それではまた!

7CCテニススクール【体験レッスン】お申し込み

7CCテニススクール【資料請求】および【お問合せ】

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る