テニスな食べ物のお話

いつもレックブログをご覧いただきありがとうございます。
セブンカルチャークラブ伊勢原校の神野でございます。

秋が深まってきましたね。朝晩は肌寒く感じることもあります。
体調管理や服装に気を付けてテニスシーズンを楽しんでいきましょう!

「食欲の秋」とはよく言ったもので、この時期は何でもおいしく感じてしまいますね。
それではテニスをする上で適している食品や食事はどうなのでしょうか?

テレビで試合観戦をしていると、プロ選手がバナナを食べている姿を見ますよね。
あれを見て、私は昔勘違いをしてバナナばかり食べていました。。。
バナナ食べればテニスが強くなると思っていたのですね。我ながら可愛いものです!

当然のことながら選手がバナナを食べているのは試合中の一部分。
あれは試合で消費した栄養を出来るだけ早く補うために食べているのです。
そしてプロの試合は3セット、5セットと長く、長時間にわたって試合をすることも多々あります。
そこでエネルギー切れにならないための補給であって、
必要もないのにバナナを食べることはあまりお勧めできないと思います。

出来るだけテニスの試合やプレーの前に食事は済ませておくべきです。
1時間前を切ると消化しきれなくなるそうなので、
その前に。 メインはエネルギー源となる炭水化物が良いです。
ご飯や麺類などで、糖質があるものがエネルギーや脳の活性化につながるそうです。

良く「タンパク質」が良いのでは?となりますが、
ことエネルギーに関しては炭水化物=糖質が一番だそうです。
どちらかというとタンパク質は長期の筋肉増強などに必要なものです。

逆に糖質を取らないと、バテやすくなったり集中力が失われやすくなります。
試合前など緊張しますが、出来るだけきちんとした食事はとった方が良いと思います。

そしてプレー中は水分やミネラルが失われていきますので、
スポーツ飲料などでこまめに補給を心がけましょう。
プレー中は食事よりもこちらの方が重要な感じがします。

最近はゼリーや粉末状の栄養補助食品が充実しています。
こちらも食事の補助として利用すると助けになります。
有名なのは「アミノバイタル」ですよね。
用途に応じて様々なタイプがありますので、スポーツの心強い味方です。
気になる方はHPを検索してみてください!

おいしく食事を取り、正しく栄養を取り、ベストなプレーをしましょう!
テニスの秋を楽しんでくださいね!
それではまた!


7CCテニススクール【体験レッスン】お申し込み


7CCテニススクール【資料請求】および【お問合せ】

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る