テニス振動止めのお話

いつもレックブログをご覧いただきありがとうございます。
セブンカルチャークラブ伊勢原校の神野でございます。

4月に入りました。
新元号も決まり、桜も咲き、新しい気持ちで物事に向かえますね!
寒暖の差が激しい時期ですので、服装には気を付けてテニスしましょう!

さて、テニスに無くてはならないものとは?
ラケットとストリングは当然必要ですよね。
テニスコートやボールも。 そして動きやすいウェア、テニスシューズも必要です。
おそらく大多数の人がグリップテープも必要と言うでしょうか。

そんな中で「振動止め」は必要、不必要がわかれるアイテムです。
トッププロでも使用している選手としていない選手で結構分かれますよね。
振動止めはその名の通りラケットのストリングから手に伝わる振動を軽減します。
ただ一口に振動と言っても、「打球感」という大切な要素もありますよね。
「打ち応え」と言っても良いかもしれません。

不必要と言う方は、この手に伝わる振動を大切にしていることが多いです。
繊細なタッチを使うプレーヤーなどは特にそうです。
フィーリングを重視しているわけですね。

振動止めもいくつか種類が分かれます。
レックテニススクールで販売しているのは、
センター2本のストリングに着けるタイプ「クエークバスター」と
長くて縦糸全体をカバーする「ローバイブ」の2種類を主に取り扱っています。

簡単に言うと前者が「振動軽減弱」、後者が「振動軽減強」となります。
クエークバスターは弱だから悪いのではなく、適度に打球感や打ち応えが残ってくれますので、
愛用しているプレーヤーは多いです。
逆に「振動を感じず楽に飛ばしたい」「腕への負担を軽減したい」プレーヤーはローバイブがお勧めとなります。
機会があれば、ご自分のラケットに「振動止め無し」「クエークバスター」「ローバイブ」と
順番に着けてみて打ち比べてみてください。
打球する時の感覚が同じラケットとは思えないほど違うと思います。

私はここのところ長くクエークバスターを愛用しています。
適度な振動軽減が、自分のフィーリングにあっていると感じています。
皆様もいろいろ試して、最適な状態を探してみてはいかがでしょうか。
レックテニススクール各校のショップで是非見てみてください!
それではまた!

7CCテニススクール【体験レッスン】お申し込み

7CCテニススクール【資料請求】および【お問合せ】

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る