再び、肘痛対策のご案内

レックテニススクール府中の苅田です。
本格的に寒さも増して、肘の痛みで悩まれる方が本当に多いです。
今回はとても効果の出る2つの対策をご報告いたします。

・とにかく圧迫!

karita002
画像のように痛みが患部に届かないように手前を強く圧迫します。
サポーターと同じ考えですが、より圧迫ができますので
サポーターの下にすることがおすすめです。
ただ、プレー中に腕は若干膨らみますので締め付けすぎには中止して下さいね!
また強い粘着のものは皮膚を傷つけますので、
キネシオ等の伸縮性のあるものが良いと思います。

・打ってみて痛くないラケットに変える。

例えば・・・振動が気になるラケットにナチュラルを張るのと、
振動がないラケットにノーマルなストリングを張るのを打ち比べてみました。
結果、後者の方が肘にはとても負担がかからなく感じました(゜o゜)
ストリングはとても重要で調整のきくものですが、
振動の悩みの場合はやはりラケット選びだなと実感しました。

ぜひ痛みを我慢せず、楽しいテニスライフを送りましょうね!

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る