寒さとの上手な付き合い方のお話

いつもレックブログをご覧いただきありがとうございます。
セブンカルチャークラブ伊勢原校の神野でございます。

師走に入りました。
街はクリスマスカラー一色ですね。
冬休みや年末年始は皆様どう過ごされますか??

レックテニススクール各校では年末年始特別レッスンを申込み受付中!
コーチたちが様々な内容で皆様を楽しませる企画を組んでいます。
お時間が許す方は是非スクールに足を運んで下さいね!

さて今年は暖冬との事ですが、それでも北風が冷たい日はありますね。
特にアウトドア校は防寒対策をしっかりして冬のテニスに備えたいものです。

今日は寒さと上手に付き合うためのお話です。

〇多めに厚着をしましょう

当然ですが、レッスンスタート時は身体が冷えています。
トレーナー、ウインドブレーカー、ダウンジャケットなどでしっかりと防寒しましょう。
ボールを打っていると次第に身体が温まってきますので、
1枚ずつ脱いで行く事がおすすめです。

待機の時間は冷えない様に1枚着ておくことが良いですね。
たまに半袖短パンで最初からいる方もいますが、
筋肉を冷やさない為にも最初は厚着をしておくことがおすすめです。

〇ネックウォーマー、手袋を活用しましょう

首を温めてくれるネックウォーマー、指先を冷やさない手袋は冬の必需品です。
もちろんモコモコした手袋はラケットが上手く握れなくなるので、
薄手の物を着用すると良いでしょう。

テニス用のグローブならば最適だと思います。

〇体操、ストレッチを必ずしましょう

筋肉が冷えて固まっている中、急激に運動すると肉離れなどの怪我のもとです。
事情があってレッスンに遅れて参加した時も体操だけは必ず行って下さい。
またコーチも気を付けていますが、運動強度は徐々に上げて行くようにしましょう。
待機中も出来れば足回りのストレッチをしながら待つと怪我の防止に繋がります。

〇冬でも水分補給はこまめにしましょう

寒くても発汗はしますし、場合によっては熱中症になる事もあります。
また水分不足で筋肉が固まり怪我をする事もあります。
水分補給はこまめに行いましょう。
体調管理と対策をすれば、1年中楽しめる事がテニスの魅力です!
是非この冬も私達とテニスを楽しんでいきましょう!

最後に今年1年ありがとうございました。
また来年皆様にこのブログでお会いできることを楽しみにしております!
それでは良いお年を!

セブンカルチャークラブ伊勢原テニススクール

 

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る