熱い夏に想うこと

こんにちは。西新井校の田中です。
甲子園など、全国規模の大会があらゆる種目で開催されていますね。
都道府県の代表が集い、激戦を繰り広げています。

年々、暑さが厳しくなってきて、選手の体が心配です。
最後の夏、限界を超えるまで、まさに死力を尽くしての戦いには感動します。
しかし、一方でそれが選手生命を脅かしてしまう恐れもあります。

学年の区切りのある学校スポーツの功罪がありますね。
指導者、運営団体、選手、応援者、それぞれの想いが複雑に絡みます。
絶対的な正解、一つの答えに辿り着くことはないのでしょうが、、、

アマチュアでも、プロでも。 時代と共に、ルールは変わっていくと思います。
選手が守られ、最高のパフォーマンスを発揮できるように。
スポーツの素晴らしさ、勝負の尊さ、アスリートの美しさ。
根底に流れるものは変わらないと思います。
今年も熱い夏なのは変わりません。 それでは。

【体験レッスン】お申し込み
campaign

【資料請求】および【お問合せ】

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る