秋シーズンの練習の積み方と闘い方

レックブログをご覧頂きありがとうございます。
Team RECジュニア担当の梁元です。

前回のブログでお伝えしました通り、
夏の闘いを終えた選手達は来年を見据えて秋シーズンの試合、練習に励んでいます。
年間を通して色々な大会がありますが、 1番ターゲットにしている大会は夏の全国大会です。
それに向けての予選が春にあります。
つまり春には、フォームはもちろん、 戦術や自分にできることとできないことの整理が
ある程度できていないと良い状態で闘えません。
image1
その大事な春の予選の位置付けを決めるのが冬の大会です。
冬は夏に比べて試合シーズンは短いですが、グレードが高い試合が多くとても熾烈です。
ここで結果を出すことができれば、来春に向けての弾みになります。

つまり今は、来年を見据えながらも、 短期目標を冬の大会に置いて練習しています。
「大幅な技術改善」や「基礎の見直し」「運動強度を上げたフィジカル向上」を
時間をとって出来るのは 試合が少ない秋シーズンしかありません。
ここでの過ごし方、取り組み方が来年の自分を決めると言っても過言ではありません!

限りある時間を大切にして、できないことや苦しいことと向き合いながら
冬に向けて良い準備ができるよう頑張っています!
また冬の試合結果など皆様に良いご報告ができるよう努力します。
応援よろしくお願いします。

【体験レッスン】お申し込み
campaign

【資料請求】および【お問合せ】

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る